【必見!】バリ島マンボウダイビング解説

マンボウ バリ島
バリ島で見られるマンボウとダイバー
(homeの写真の反対側)

マンボウにはいつ会える?マンボウのシーズンは?

マンボウを観察するには、時期選びが大切になります。
その年によって、多少前後する事もありますが、狙い目は、
乾季である7月~10月のバリ島の南側の水温が下がる時期。

バリ島には乾季と雨期の2つの季節があり、
その季節によって風向きが全然違うのですが、
乾季の風向きが要因(※)で、バリ島南部の水温が冷たくなります。
マンボウは低水温場所を好む深海性の魚なので、
水温が低くなった時期に、ダイバーが行ける水深までマンボウが上がってきてくれて、
遭遇率が上がるのです。

(※)なぜ、水温が下がるかは、以下の記事を参考にしてください。

マンボウが見られるポイント

バリ島低水温エリア

乾季の時期に、マンボウが1番見られるポイントは、ペニダ島周辺
(下の写真内、右下にある島)
バリ島南部の水温が下がるのですが、
内バリ島左側は、サーフィンポイントな為、基本ダイビング不可。

ペニダ島の有名マンボウポイント
・クリスタルベイ
・ブルーコーナー
・ガマットベイ
・マンタポイントなど

ペニダ島周辺には、マンボウが狙えるポイントがいくつかありますが、
当日の海況やお客様のスキルなど、条件は毎ダイブ変わるので、
その時のベストと言える1ダイブをご案内致します。

マンボウ狙いの時の水温

平均水温:18~23度(過去最低は15度)

赤道直下の南の島なのに、乾季のバリ島はものすごく水温が下がります。
(バリ島北部は、27~29℃はあります)
ただ、水温が低くなっていないと、マンボウも出てきてくれないので、
水温が低くなっている時は、マンボウ出現に期待しましょう!

マンボウを撮影するダイバー

マンボウダイビングの装備&事前準備

ここが1番大事なところなのですが、マンボウ狙いのダイビングする上で重要なのは、

低水温対策

・水温が下がるので、最低でもウェットスーツは、5㎜のフルスーツ以上のものが良いと思います。(レンタルもあります)
・フードベスト(頭部からの体温の損失も大きいため)があると、さらに良いと思います。(レンタルもあります)

マンボウとダイバー

ダイビングスキルを維持しておく

・中性浮力など基本ダイビングスキルの維持。
ヌサペニダのダイビングでは、ドリフト(潮の流れにのって海中を進む)ダイビングになるので、水中でしっかり中性浮力を保てるようにしておきましょう。

・マンボウは30m以深に出てくる事が多いので、自身で行ける深度を把握しておく。
シーズン中、浅い水深でもマンボウを見る事もありますが、基本は30mくらいの所に出てくる事が多いので、アドバンス講習などに参加し、深い深度を経験しておくと良いかも知れません。

・ガイドさんに注目。
マンボウ察知には、ガイドさんの経験や嗅覚みたいなものが、大事になる時もあると思います。
呼び鈴で教えてくれたり、ライトを照らし居場所を教えてくれたり、その時のガイドさんの行動には意味があるはずなので、
ダイビング中は、ガイドさんに注目しておきましょう!

マンボウの泳ぐコースを予想しておくと、近くで見られる事も

ボートダイブ

ヌサペニダでのダイビングは、ボートダイブになるので、船に弱い方は、酔い止めを飲んでおいた方が良いかもしれません。
・海から上がった後に、寒くないようにボートコート(体を温める/紫外線対策)が、あると良いかも知れません。

マンボウシーズンは世界中から沢山のダイバーが訪れる

マンボウのショート動画

マンボウは泳ぐと早い
タイミングが良ければ、
1度に複数個体観察出来るかも!?
マンボウとダイバー
優雅に泳ぐマンボウ

おまけ
記念のマンボウ写真↓

マンボウとダイバー
自室の壁に貼っているカレンダーの切り抜き

超有名水中写真家が撮影したマンボウ。
後ろにいるダイバーは、ガイド大介!
「バリ島 マンボウ」で、画像検索すると、似た画像が出てくるかも!?
マンボウ狙いは、オーシャンライフにお任せ下さい!